LINEで送る
Pocket

※この記事には作品の感想(ネタバレ)が書かれておりますのでご注意ください。

ミュージカル映画という情報だけを入れて観た「グレイテスト・ショーマン」。

最高の映画だ。

正直にいうと、今までミュージカル映画は苦手だった。

急に始まる歌、こちらのタイミングにおかまいなしで始まるダンス。

ミュージカル映画はボクには合わないものだと思っていた。

しかし!この「グレイテスト・ショーマン」は凄い!

最高のタイミングで歌が始まり、それがどんなセリフよりも心に深く突き刺さってくるのだ。

今まで嫌悪感があったミュージカル映画とは真逆なのである。

 

序盤から早速魅せられてしまう。

それは、「A Million Dreams」という曲だ。

これは、めちゃくちゃ良い曲で、なぜか涙が溢れてくる。

『根拠のない感動』が押し寄せてくるのだ。

まだ物語は序盤なのに、この歌詞に心を奪われてしまうのである。

まさかミュージカル映画で泣くなんて思いもしなかった。

しかも序盤で(笑)

スポンサーリンク

そして、この「A Million Dreams」、序盤で3回も歌われるのである。

主人公の少年時代

主人公が大人になって

主人公の娘2人

 

この演出が素晴らしい。

 

少年だった主人公バーナムは無限の夢があり、良家の令嬢であるチャリティと恋に落ちる。

しかし、大人になったバーナムは仕事がうまくいかず、無限の夢を失いかける。

つつましい暮らしの中でも、2人の娘がもう一度夢を見ることを教えてくれる。

 

この3つのポイントで流れる「A Million Dreams」は本当に素晴らしい。

 

そして、ここからさらに感動的なミュージカル映画に進んでいくのである。

 

スポンサーリンク

 

グレイテスト・ショーマンのあらすじ

情熱だけでチャリティと結婚した主人公バーナム。

2人の娘も誕生し、小さな幸せをかみしめていたが、何が足りない。

そう、妻チャリティを幸せにしていないことに気づく。

すると一大決心をし、銀行から融資を受ける。

そのお金をもとに「バーナム博物館」を開店させたのである。

夢が詰まった博物館だったが、結局は人気もでず廃業寸前に・・・

そんな中、娘の言葉をヒントに見世物小屋(ショービジネス)をはじめる。

コンプレックスで表には出れなかった人々を集め、その人達が輝ける場所と演出を提供したのである。

これが『サーカス』の始まりである。

これによりプチブレイクを果たすバーナムであった。

しかし、見世物的なショーや、成り上がりと呼ばれ、メディアからもバッシングされるようになる。

反骨精神のバーナムは、さらさら成功を望むようになる。

有能なショーの演出家(フィリップ・カーライル)をスカウトし、ヴィウトリア女王に拝謁することもできた。

さらに、ヨーロッパで最高の人気を誇るオペラ歌手ジェニー・リンドもスカウトし、アメリカ公演で大成功も収める。

しかし、成功の欲に憑りつかれたバーナムは、やがて出演者を軽んずるようになってしまい、人望を失うことに・・・

オペラ歌手ジェニー・リンドの好意による誤解など、スキャンダルに発展し、家庭をも失うことに・・・

そんな中、バーナムの劇場はショービジネス反対派の人から放火される・・・

すべてを失ったバーナムだったが、サーカス団員から、もう一度自分達が輝ける場所を作って欲しいと懇願される。

今まで成功欲に憑りつかれ、お金や名声だけを追い求めていたバーナムであったが、これをきっかけに大切なものに気づいていく。

それがバーナムの名言「最も崇高な幸せは、人を幸せにすることである」だ。

バーナムは妻を幸せにしていないことに気づいてから、色々なことにチャレンジしてきた。

ここに繋がるのである。

そして、関わる団員や、右腕であるフィリップ・カーライル、さらにはお客様を幸せにすることに、自分の使命を見つけ出したのだ。

 

フィリップが内緒で貯金していたおかげで、サーカス団もまた活動できることになった。

そして、妻との関係も修復し、めでたしめでたしなのである。

 

アカデミー賞不要なミュージカル映画の傑作

この様な「あらすじ」で、ストーリー的には結構ありきたりな話である。

しかし、ここにミュージカルが加わることで、人間賛歌に一層深みがでて、勇気が湧いてくるような作品になっている。

令嬢だった妻のチャリティが、つつましい生活の中でも文句ひとつなくバーナムに寄り添うだけで泣けるのである。

また、ララランドでアカデミー作曲賞を受賞したベンジ・パセック&ジャスティン・ポールの音楽は本当に素晴らしい。

レビューや評価が高い「グレイテスト・ショーマン」だが、結局はアカデミー賞はとれず無冠。

しかし、人々の心には確かに奮えるものがあったはずだ。

アカデミー賞なんて不要な、誰でも幸せな時間が過ごせる作品なのだ。

 

スポンサーリンク

関連記事

LINEで送る
Pocket