LINEで送る
Pocket

※この記事には作品の感想(ネタバレ)が書かれておりますのでご注意ください。

キアヌリーブスの新感覚アクション映画『ジョンウィック』。

「ガン・フー」という銃とカンフーを融合させた銃術が最大の見どころである。

ガン・フーを簡単に説明すると、近距離での格闘や銃撃である。

間合いを詰めてガンガン相手の頭に銃を撃ち瞬殺する。

離れての銃撃戦などはほとんどなんく、とにかく相手に詰め寄って戦うのが特徴だ。

相手は世界最大のマフィアであり護衛も多い。

しかし、どんどん出てくる相手をガン・フーで倒していくのである。

このアクションを爽快に感じれば、ジョンウィックの虜になってしまうだろう。

敵に近づき容赦なく射撃していくシーンは一瞬も目が離せない。

そして、時には総合格闘技のように関節技なども使い、まさしく銃術といった言葉がぴったりである。

 

スポンサーリンク

 

愛犬の復讐というシンプルなストーリー

物語のあらすじは、非常にシンプルだ。

マフィアのドンのバカ息子が、車を盗もうとしたところ、持ち主のジョンウィックを叩きのめし、ジョンの愛犬も銃で撃ってしまう。

しかし、このジョンウィックという人物は、そっちの世界ではプロ中のプロであり、怒らせてしまったことを悔やむマフィアのドン。

そして、愛犬の復讐をしようとするジョンウィック、という話だ。

この様に、めちゃくちゃシンプルなストーリーなのだが、アクションのこだわりが凄いので、むしろストーリーはこれくらいシンプルな方がよい。

 

ウィレム・デフォーがいい感じ

怒らせてはいけない人物とは知っていても、自分の息子が命を狙われていると知ったら対策をするしかない。

マフィアのドンであるヴィゴ・タラソフ(ミカエル・ニクヴィスト)は、逆にジョンウィックを始末しようとする。

そこで依頼するのが、一流のスナイパーであるマーカス(ウィレム・デフォー)。

ライフル銃をセットする所など、かなり腕がよさそうである。

そんな一流のスナイパーがジョンを狙っている。

こんなに敵だらけで大丈夫かジョン?

と、心配するのだが、実はこのマーカス、ジョンを支援していたのだ。

ジョンがピンチになった時、ライフル銃で助けてくれていたのである。

スパイダーマンの敵役でもお馴染みのウィレム・デフォー。

いい味だしています(笑)

 

少しだけ突っ込みたい

この様にマフィアのドンも恐れるジョンウィック。

ガン・フーを使い、敵をどんどん倒す様子はまさに無敵。

銃がなくても関節技などの柔術も凄い。

ん?柔術?

そう、ジョンウィックは柔術も凄い。

しかし、なぜバカ息子に冒頭でやられたのか?

百歩譲って銃がなかったという理由も考えられる。

しかし、ジョンウィックは柔術も強いはず・・・

っていうか、マフィアもブギーマンと恐れる人物なのに・・・

引退していたから?

不意打ちだったから?

本当に最強の暗殺者なのか?疑問が残る作品であった(笑)

 

スポンサーリンク

 

関連記事

LINEで送る
Pocket