LINEで送る
Pocket

※この記事には作品の感想(ネタバレ)が書かれておりますのでご注意ください。

声優の豪華さにまず耳が向かってしまう作品だが、映像のクオリティも高い。

太っちょのパンダがカンフーの達人(龍の戦士)となって敵役をやっつけるというコンセプトも面白い。

とてもユニークな世界観で、どんどん引きずり込まれていく。

また、カンフー映画で最も重要なテイストである「師匠と弟子」という構成も、しっかりとツボを押さえている。

ただ、1つだけ共感しづらい部分がある。

それは敵役タイ・ランが、あまりにも可哀想なのである。

 

スポンサーリンク

 

タイ・ランがかわいそうで、物語に共感できない

タイ・ランは最大の敵役なのだが、凶暴な風貌が唯一「敵キャラだなぁ~」と認識できるだけで、その背景や過去はあまりにも切ない。

というのはこのタイ・ラン、赤ちゃんのときに捨てられ、老子に拾われて育ったわけだ。

老子も最初はタイ・ランを可愛がり、実の息子のように育てた。

その甲斐あって、強くたくましく育ったタイ・ランを老子は「龍の戦士」に薦めたのだ。

しかし、老子の師である道士はそれを認めなかった。

タイ・ランは老子の期待に応えたくて一生懸命に修業をしたのに、見捨てられてしまったのである。

「オレは、あんたの誇りになりたかったんだ」とタイ・ランは回想する。

これを聞いて、敵役として「倒すべき相手」と感情移入できるか?

できないでしょう・・・

それなのに、「ぽっと出」のパンダは龍の戦士に選ばれ、修業の期間も短いのに「強い正義の味方」に君臨するのである。

さらに老子からの寵愛も受ける。

タイ・ラン可哀想すぎる・・・

しかも、最後はパンダに粉々にされてしまうし・・・

 

当ブログでは「カンフーパンダ タイラン かわそう」というキーワードからのアクセスがめちゃくちゃ多いです。

それだけ「心ある人」が多くて本当に安心しています(笑)

あなたも「タイラン かわいそう」というキーワードで訪問されたと思いますので、とても優しい方なのでしょう。

その気持ちをずっと大切にして下さい(笑)

 

タイ・ランのラストはダースベイダーにすべきだった

この様に同情する余地が多いタイ・ランの扱いの悪さが、この映画があまり評価できない点だ。

あんなラストなら、もっと同情できなほど酷い悪党にしなければならない。

また、タイ・ランをあの様に描くなら、最後に改心してハッピーエンドにする必要があった。

師匠に裏切られ、何十年も投獄されて、最後は意味不明の「指固め」で爆発。

子供がこの映画に何の疑問も持たずに「楽しい」と思ってしまったら「ぞっ」とする・・・

幼い頃のタイ・ランは可愛かったし、ダースベイダー的な立ち位置として復活してくれなきゃ報われない。

ラストの「指固め」の真相もわかりづらいし、敵役に情が向かってしまうことなど、ちょっと中途半端な作りで私はこの作品を好きにはなれなかった。

 

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket