LINEで送る
Pocket

※この記事には作品の感想(ネタバレ)が書かれておりますのでご注意ください。

金持ちだけど体が不自由な男

金はないけど自由な感受性を持つ男

 

身体的なハンデキャップを持つ男

経済的なハンデキャップを持つ男

 

水と油が組み合わされれば面白くないはずがない。

 

そんな映画である。

冒頭のカーチェイスから引き込まれる。

何を急いでいるのか?

緊迫したシーンに「なぜ?」と観ている側は戸惑う。

しかし、これが「イタズラ」と判明した瞬間、一気に「この映画は面白いぞ」と確信してしまうのである。

緊張の緩和』を冒頭で持ってくる才能が素晴らしすぎる(笑)

 

スポンサーリンク

 

あらすじ

大金持ちのフィリップは、使用人を抱えるほどの富豪だが、頸髄損傷で首から下が動かない。

そんなフィリップが新しい介護人を雇うところから物語はスタートする。

働く気はないが、失業保険を貰えるようにする為に、嘘の就職活動をするもう一人の主人公ドリス。

そのドリスがフィリップの介護に合格してしまう。

最初は働く気がなかったドリスだったが、自分用の部屋もあり、お風呂もトイレもある生活を気に入るようになる。

気をつかわないドリスの性格が、徐々にフィリップの信頼を得るようになる。

今までの介護人はフィリップを病人として扱うが、ドリスは友人として扱ってくれるからだ。

フィリップも使用人としてではなく、親友としてドリスと接するようになる。

うまくいっている二人だったが、ドリスの家庭問題でトラブルが発生。

ドリスの弟が麻薬の密売でヘマをしてしまったのだ。

また、その他にも多くの弟・妹がいるドリスは、兄として家に戻る決意をするのである。

二人は別々の元の生活になってしまった。

そんな中、病人ではなく人間と接してくれるドリスのような介護人は見つからず、フィリップはどんどん荒んでいくのである。

フィリップのお手伝いさんが、内緒でドリスに連絡し、また来てほしいことを告げる。

人生に疲れ切っているフィリップと再会するドリス。

ここで冒頭のカーチェイスが始まる(笑)

最後は恋心をよせていたエレオノールと会うセッティングをして終幕。

ラストは結構あっさり。

爽やかな感動が実に心地よい。

 

タイトルがダメダメで悔しい

しかし、タイトルである「最強のふたり」って酷過ぎるネーミングである。

これじゃ、名作も名作になれない。

「凄くいい映画があるんだけど」

「えっ、どんなタイトル?」

「最強のふたり」

こんな感じで友達に勧めるときに恥ずかしくなってしまう。

 

原題の「Intouchables(アントゥシャーブラ)」で良いと思う。

英語では「Untouchables(アンタッチャブルズ)」になるから、何かNG的なモノがあるのだろうか?

 

とりあえず「最強のふたり」というタイトル名にした日本のプロモーションは最悪だ。

 

スポンサーリンク

関連記事

LINEで送る
Pocket