LINEで送る
Pocket

※この記事には作品の感想(ネタバレ)が書かれておりますのでご注意ください。

主人公のジョルジュはテレビキャスターとしてそこそこ成功をしている。

妻も出版関係の仕事をしていて、ティーンエイジャーの息子もいる。

自宅や食卓の雰囲気から、裕福で幸せな家庭とわかる。

しかし、一つのトラブルを抱えていた。

それは、何者かから送られてきた一本のビデオテープだ。

そのビデオテープには、ジョルジュの自宅が映し出されており、それが淡々と続くのである。

このビデオテープの中身がオープニングとなり、なんの展開もないシーンに「あれっ?」と戸惑うのである。

そして、この映画はビデオテープを送った犯人を探す内容なのか?と思うのだが、実はそれ自体がミスリードである。

 

スポンサーリンク

 

犯人は誰?

恐らくこの映画は犯人捜しが目的ではない。

監督が描きたかった真実から目をそらすためのトリックなのだ。

では、監督が描きたかったテーマとは何か?

それはタイトル『隠された記憶』である。

ジョルジュの隠された記憶?

違う・・・

『あなた』のだ。

つまり、観ている人の『隠された記憶』を呼び出そうとしているわけである。

それは戒めなのか?それとも償いか?後ろめたさか?

または、主人公のように悔い改めるきっかけか?

人間は成功や、自分の思い描く人生を手に入れようと日夜進んでいく。

そして、それを手に入れた時、過去は都合よく忘れてしまう。

隠しておきたい記憶は誰にでもあるはずだ。

できれば、それを閉まったまま忘れたい記憶もあるだろう。

それを、この映画では引き出してしまうのである。

ジョルジュは、途中で昔の記憶を思い出そうとした。

しかし、意図的にそれを避けようとする。

だからこそ、妻にも話さない。

この辺から視聴者も様々な隠された記憶を思い出そうとする。

ボクも物心ついた時からの記憶をどんどん思い出そうとした。

ただ、思い出したくない記憶も当然ある。

そこで目を背けようとするのだ。主人公ジョルジュのように。

主人公と同時進行で進むのである。

そしてある時、疑っていたマジッドに呼び出されるジョルジュ。

すると急に喉を切ってしまうマジッド。

このショッキングなシーンによって、忘れようとしていた隠したかった記憶が引き出されてしまうのだ。

スポンサーリンク

ぶっちゃけ、犯人は誰でもいい。

というか、そんなもの最初からいない。

視聴者それぞれの隠したい記憶を引き出し、それに向き合わせるのが監督の目的なのである。

そして、それが主人公と同じような感情で進むことが、この映画の凄いことなのだ。

隠したかった記憶を少し思い出そうとするが、無意識にそれをブロックする。

しかし、あの喉を切るシーンによってフラッシュバックしてしまうのだ。

そして、それを引き出された視聴者は、主人公と同じように後ろめたい気持ちを思い出し、それを消化する為に次のステップを考えなければならなくなる。

それは、善行かもしれないし、電話をするとか、手紙を送るとか、人によって異なるはずだ。

しかし、それにより、心が救われる可能性もある。

主人公はバッドエンディングだったが、視聴者は違う。

それを浄化できるかもしれないのだ。

ボクはこの映画をみて、小学生だった頃の友達を思い出した。

少し後ろめたい思い出があったからだ。

この映画を観て、何人かの人は無意識にこういった感情が引き出されたと思う。

そして、その象徴となるのが後半で発覚する妻の浮気である。

これはつまり、妻も現在進行形で『隠された記憶』を作っているわけである。

これらを全て計算で行っているのだからミヒャエル・ハネケ監督は凄まじい人物だ。

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket